kahoのブログ

私のこれまでを凝縮したブログ。楽バイト、チャットレディ、恋愛 、ぼっちに関する情報を主に書いています。

男性は、女性が思っている以上にわがままで承認欲求が強い。

こんにちは、kaho(kaho-0421@強くてニューゲーム (@0421_kaho) | Twitter)です。

 

私は、チャットレディをしているのですが、チャットレディをしていてひとつの考えにたどり着きました。

 

それは『男性は、女性が思っている以上にわがままで承認欲求が強い』ということです。

 

チャットという、ありのままの自分をさらけ出せる場なので、そこで私がみている男性たちの姿は本性で間違いないと思います。

 

チャットレディを始めて「男性の相手するのってこんなに大変なの?!」と幾度となく感じました。

 

チャットに限らず、今までの男性を思い返しても「確かにそうだな」と思える部分があるので、思い返しながら書いていきます。

 

 

f:id:kana_0404:20191205200416j:plain

 

男性は自分を受け入れて欲しい生き物

 

よく男性はプライドが高いといいますが、まさにその通りで、親しくなるとちょいちょい自慢をぶっこんできたりして、褒められたがります。

 

また、自分の要求を断られるとふてくされたり、ひどいときには暴言を吐いたりもします。

 

普通だったら、相手が嫌がっていたら『相手が嫌がっているからやめよう』という風になると思うのですが、精神的に子どもなままの男性は、断れることによって『自分が否定された』と感じて、ふてくされてしまうのです。

 

もちろん、すべての男性がそうではなく、一部の子どもな男性がそういう態度をとってしまうというお話です。

 

男性によくあるのが○○できる自慢

 

男性が自慢することの代表といえば「仕事できる、頑張ってる自慢」。

 

今まで10人くらいの人とお付き合いをしてきましたが、7,8割の人が仕事に関する自慢をしてきました。

 

「俺はこんなに仕事ができるんだ」「俺は必要とされてるからこんなにも忙しかった」という話をほぼ全員から聞きました。

 

私が、毎度毎度仕事ができる男と付き合ってるのかと言われたらそんなわけはなく、単純に男性がそういう話が好きなんですよね。

 

自分のことを認めて欲しい、褒めて欲しいという承認欲求からそんな話をするのだと思います。

 

【チャットレディでの話】アダルト行為を断るとふてくされる、暴言を吐く

 

チャットだと男性のわがままを顕著に感じます。

 

私がやっているのはノンアダルトチャットなのですが、そこでは「脱がせたい」という男性がこぞってやってきます。

 

もちろん、ノンアダルトサイトなのでお断りするのですが、そうすると「脱がないとやっていけないよ」「そんなこともできないの?もういいよ、二度とこないから」などの嫌味を言ってきたり、そのままなにも言わずぶつ切りする人もいます。

 

自分の要求を断れたことにより、自分が否定されたと感じて感情的になってしまうのです。

 

まともな男性だと「わかった」といって素直に話を聞いてくれるのですが、それができない男性は「まず自分の欲求が一番」で、全然話が通じません。

 

男性はいつまでも子どものような部分を持っている

 

よく男性はみなマザコンだといいますが、女性に対しても母親のような役割を無意識に求めているのではないでしょうか。

 

自分のわがままを聞いて欲しい、自分の頑張りを褒めて欲しい。

 

もちろん、チャットでわがまま放題好き放題言っている男性も普段はそんなんじゃないと思います。

 

ただ、チャットという自分の身分を気にしなくていい場所だからそのような振る舞いができるだけであって、だからこそそれが男性の本性なのかなと思います。

 

私も始めのころはそんな男性が理解できなかったのですが、過去に付き合った男性にもそういう人がいたので、「みんなその人と同じようなものなんだな」と思うことで、私の場合はなんとなく受け入れることができました。