kahoのブログ

私のこれまでを凝縮したブログ。楽バイト、チャットレディ、恋愛 、ぼっちに関する情報を主に書いています。

デヴィ夫人に学ぶ婚活論「彼氏は20人いてもいい」

こんにちは、kaho(kaho-0421@強くてニューゲーム (@0421_kaho) | Twitter)です。

 

先日、デヴィ夫人の婚活論「彼氏は20人いてもいい」という記事を読みました。

 

かなりインパクトのあるタイトルです。

 

以前の私だったら、「いろいろな男性と同時に遊ぶなんてチャラすぎる」と感じたと思いますが、アラサーになるとそうも言ってられない。

 

本気で結婚を考えるのであれば、より自分に合う相手を探したいと思うものです。

 

※始めに、この記事はデヴィ婦人の婚活論「彼氏は20人いてもいい」という記事をもとに書いています。

 

f:id:kana_0404:20190926095512j:plain

 

前提として

 

まだ真剣に結婚を考えているパートナーがいないということを前提に書いています。

 

婚約者がいるのにいろいろな男の人と遊ぶのはその後の二人の関係にヒビが入り、せっかく手に入れたパートナーを手放すことになりますからね。

 

いろいろな男性とデートを重ね、それぞれをいろいろな角度から比較する

 

「結婚」となると好きという気持ちだけでは難しくなってくると思います。

 

たくさんの男性と触れ合うことで「この人はこんな気遣いができる」「あの人はあんなに優しい」などそれぞれの男性の良さを知ることができるのです。

 

また、様々な男性を知ることができるだけでなく「こういうときはこうして欲しいんだな」と男性の気持ちを知ることもできます。

 

将来的にいいなと思う人が現れた時に、確実にモノにするためのテクニックを磨く期間でもあるのです。

 

また、いくらデートを重ねても身体の相性を知ることはできませんので、身体の相性を知ることも大切です。

 

これらの条件を比較したうえで自分に合う男性がみつかれば、その人と真剣に交際をスタートさせれば良いと思います。

 

独身時代は大いに恋愛を楽しむ

 

複数の男性と肉体関係を持つと「貞操観念がない」なんて言われていまいそうですが、たった一度の人生なので、恋愛は楽しめるときに楽しむべきなのではないでしょうか。

 

肉体関係を持てる男性が複数いると単純に性欲の発散に困りませんし、自分のテクニックも磨けるし、自分と相性のいい人もみつけられる。

 

いいことがいっぱいあります。

 

決まったパートナーがいないときは、大切な人と出会うための準備期間だと思い、いろいろな男性を経験するのは大いにアリなのです。

 

女性として求められる期間は限られていますので、求められるうちにたくさんの男性を経験しておきたいですよね。

 

デートが重なってしまった場合の対処法

 

これはデヴィ夫人の友達の話という体で書かれていたのですが、実際はどうなのでしょう(笑)

 

実際に複数の男性とデートが重なってしまった場合、わざと片方の男性と喧嘩をし、一切連絡を取らないのだそうです。

 

そして、本命とのデートが終わったら仲直りをする。

 

心が傷む人もいるかもしれませんが、モテる女性はこれくらいのことをやっているということです。

 

このときは心が傷んでも、本当に大切な人が現れたときにその人のことを大切にできればそれでよいということなのではないでしょうか。

 

まとめ

 

真剣に結婚を考えている婚活女子はたくさんいると思います。

 

今はマッチングアプリなどもありますし、昔よりも気軽に異性と出会うことができますよね。

 

複数の人と同時進行で遊ぶのは申し訳ないなと思うかもしれませんが、気軽に異性と出会える時代だからこそ、掛け持ち交際を楽しめるとも言えます。

 

掛け持ち交際は、恋愛のテクニックを習得する機会にもなりますので、この機会を存分に活かし、素敵な人とうまくマッチングできるようになればいいと思います。