kahoのブログ

私のこれまでを凝縮したブログ。楽バイト、チャットレディ、恋愛 、ぼっちに関する情報を主に書いています。

【趣味】観葉植物ポトスの育て方【お部屋で育てられる】

こんにちは、kaho(kaho-0421@強くてニューゲーム (@0421_kaho) | Twitter)です。

 

約一か月ほど前に観葉植物を買いました。

 

部屋にちょっとした植物があると癒されて気分も晴れやかになりますよね。

 

今まで植物なんて買ったことがなかったので、育て方に関する知識も植物に関する知識も皆無だったのですが、案外手軽に育てることができるので紹介していきたいと思います。

 

 

 

f:id:kana_0404:20190925113924j:plain

 

観葉植物を育てようと思ったきっかけ

 

きっかけは「趣味を増やしたい!」というところからでした。

 

私の趣味といったらYouTube鑑賞と寝ること。

 

f:id:kana_0404:20190925114124p:plain

 

趣味らしい趣味がなかったのです。

 

ネットで趣味一覧が載っているサイトをみていると「観葉植物を育てる」というのがありました。

 

そんなにお金もかからないし、時間も取られないし、部屋に植物があるってなんかおしゃれ!と思い、観葉植物育てにチャレンジします。

 

手軽に育てられる観葉植物とは・・・?

 

テキトーに植物買って、植木鉢買って、お水あげておけばいいだろうと考えていましたが、いざ実行に移そうとすると

 

室内で育てられる植物ってなんだろう?

 

あまり大きくならない植物がいいな・・・

 

手入れが簡単な植物がいいな・・・

 

そもそも観葉植物ってどこで買えるの?

 

いくらくらい?

 

などといろいろな不安や疑問がわいてきました。



観葉植物を買うにあたっての条件

 

・室内で育てることができる

 

・サイズの小さいもの

 

・手入れが簡単

 

・安く仕入れられる

 

調べてみると案外条件にあった植物がいくつか存在したので、中でも人気があったポトスを選びました。

 

ポトスとは?

 

ポトス(Pothos、学名:Epipremnum aureum)は、サトイモ科エピプレムヌム属(和名:ハブカズラ属)の植物の一種。(シノニム:Rhaphidophora aurea,Scindapsus aureus)。かつては「ポトス属」に分類されていた名残で、園芸名はポトスと言われている。和名は、オウゴンカズラ(黄金葛)。原産地はソロモン諸島及び東南アジア亜熱帯熱帯雨林である。

引用:ポトス - Wikipedia

 

ポトスの特徴

 

・とてもポピュラーで多くの人に親しまれている

 

・原産地が熱帯雨林で耐寒性がない

 

・ポトスを育てる場合は、春~秋がおすすめ

 

・葉がまだら柄になっているが、明るい場所に出しておくと鮮やかな色になる

 

・葉が枝分かれしてどんどん増えていくため、定期的にカットし、水にさしておくと繁殖させることができる。

増えたポトスはメルカリなどで販売するとお小遣いも稼げて一石二鳥!(笑)

 

・日向を好むが直射日光は苦手。あまりにも日光が強すぎると葉焼けを起こすため、日光は避ける。

 

・耐陰性があるため室内でも育てることができる

 

ポトスの種類

 

・オーレア(一般的なポトス)

 

・ライム

 

・マーブル・クイーン

 

・エンジョイ

 

・フラッシュ

 

・ステータス

 

・テルノシャングリラ

 

種類によって斑点の柄が違うため、好みのものを選ぶことができます。

 

いざ、ポトスを購入

 

ポトスが買える場所

 

オンラインショップ、園芸店、ホームセンターの園芸コーナーで購入することができます。

 

私は、近所のホームセンターで買いました。

 

ポトスはとてもポピュラーな植物なので、比較的手に入りやすいといえます。

 

ポトスの値段

 

私は、黒いポリポットに入った小さいポトスを買いました。

 

f:id:kana_0404:20190925114528j:plain

出典:https://www.amazon.co.jp/%EF%BC%A6lower-Plants%E3%81%82%E3%81%A8%E3%82%8A%E3%81%88-%E3%83%9D%E3%83%88%E3%82%B9%EF%BC%88%E3%83%9D%E3%83%83%E3%83%88%E8%8B%97%EF%BC%89/dp/B004KV23Q4

 

↑こんなやつ

 

値段は300円くらいでとてもお手頃です。

 

その他購入品

・鉢(約300円)

 

・鉢受皿(約80円)

 

・霧吹き(100均で108円)

 

こんなにも安い費用でそろえることができました。

 

他にも鉢底ネット、鉢底石、スコップ、ジョウロ、根腐れ防止剤など、本格的にそろえるとこれくらいのものが必要になりますが、私は上記の3つで今のところ問題なく育てることができています。

 

ポトスの育て方

f:id:kana_0404:20190925114926j:plain



上記にも書いたようにポトスは日向を好みますが、直射日光に弱いので、日の光が少しあたるくらいの場所に置いています。

 

f:id:kana_0404:20190925115014j:plain

 

お水は、朝から正午の間に下から水が垂れるまでたっぷり与えます。

頻度としては、2日に一回か土が少し乾いてきたころ。

根腐れさせないために受け皿に溜まった水はしっかり捨てます。

 

f:id:kana_0404:20190925115105j:plain

 

このときに霧吹きで葉っぱにも水をかけます。

 

~ポトスの観察日記~

 

f:id:kana_0404:20190925120342j:plain

 

私のポトスは購入してから一か月くらい経つのですが、買ったときより明らかに葉の量が増え、茎も伸びた気がします。

 

f:id:kana_0404:20190925120659j:plain

 

このように葉っぱがくるんとなっているものは最近新たに生えたものです。

 

f:id:kana_0404:20190925120813j:plain

 

葉っぱの色にもそれぞれ違いがあって、このように他の葉っぱの下に隠れている葉っぱは日が当たらないせいか、色が白っぽくなっています。

 

f:id:kana_0404:20190925120832j:plain

 

私はまだ剪定をしたことがないのですが、このように剪定をしたあとがあるので、ホームセンターで売られているとき、もしくは売りに出される前には定期的に剪定が行われていたのでしょう。

 

こんな風に観察をしていると日々変化や発見があって、やはり生き物なのだなと実感させられます。

 

日々の成長を観察できると愛着も湧いてきますよね。

 

お部屋のインテリアにもなりますし、癒し効果もあるので、観葉植物育てはおすすめです。