kahoのブログ

私のこれまでを凝縮したブログ。楽バイト、チャットレディ、恋愛 、ぼっちに関する情報を主に書いています。

新しいバイトに行きたくないときの対処法。一番は行かないこと。

こんにちは、kaho(kaho-0421 (@0421_kaho) | Twitter)です。

 

新しいバイトの初日って、「行きたくない」と思うこと多数ですよね。

 

私は、よくバイトを転々とするので、しょっちゅうそんな気持ちになります。

 

でも、ここを乗り越えなければ、いつまでもアルバイトができないし、金銭的に困ってしまいます。

 

対処法は、いろいろあると思いますので、自分や状況に合った対処法で乗り切っていきましょう。

 

 

新しいバイトに行きたくないときの対処法。一番は行かないこと。

f:id:kana_0404:20190306173644j:plain



新しいバイトに行きたくない理由

 

新しいバイトに「行きたくない」理由はそれぞれかと思いますが、一般的なものを挙げていきたいと思います。

 

緊張するから

 

まず、一番多いのがこれだと思います。

 

新しい環境に身を置くこと、知らない環境に身を置くことは、とても勇気がいることです。

 

どんな人がいるかわからない、どんな雰囲気の職場なのかわからない、仕事内容が思っていたものと違うかもしれない、職場に馴染めないかもしれない、仕事が覚えられないかもしれない・・・

 

いろいろなわからないこと、不安なことが多すぎて、気持ちが押しつぶされそうになります。

 

行くのが面倒

 

面接に受かって喜んでいたのもつかの間、いざバイト当日になると猛烈に行きたくなくなります。

 

上に挙げたような不安が現実になるかもしれないし、単純に行くまでの道のりが面倒、そもそも起きるのが面倒などいろいろあると思います。

 

寝坊をしてしまった

 

バイト初日!と前日に気合を入れて寝たものの、当日寝坊してしまった・・・

 

寝坊というだけでやる気もなくなるし、まだ行ってもいないバイト先に遅れる連絡を入れるのは勇気がいるものです。

 

遅刻をするというだけでも印象は悪くなってしまいますし、行くのがどんどん気まずくなってしまいますよね。

 

体調が悪い

 

前日夜更かしをしてしまった、遊びすぎてしまった、そもそも最近体調がよくないなど体調的な理由でバイトに行きたくないこともあると思います。

 

体調が悪い場合は、無理していく必要はないので、正直に体調が悪いことを伝えてお休みしましょう。

 

やりたいことがある

 

デート、イベント、テレビ、習い事の練習、在宅ワーク、勉強など、バイト以外にもやりたいことはたくさんあると思います。

 

特に期限が迫っているもの(習い事の練習、在宅ワーク、勉強など)だと焦りを感じて、バイトどころではなくなってしまいますよね。

 

新しいバイトに行きたくないときの対処法

 

行かない

 

究極であり、最善の策だと私は思っています。

 

どうしても「行きたくない」気持ちを抑えられないときは、行かないのが一番です。

 

バイト先的には、連絡してくれたほうが嬉しいですが、実際、今までにバックレた人がいないバイト先なんてほぼないですし、ほとんどのバイト先では察して終わりです。

 

まだ行ったこともないバイト先であれば、何も気まずいことなんてないですし、行き慣れたバイト先をバックレるより、ハードルも低いと思います。

 

今日だけ行きたくないのであれば、なにかしら理由をつけて、連絡をすればいいだけ。

 

さらにポジティブな考え方をすると、新しいバイトが来なかっただけで、困ることなんてほぼありません。

 

強いて言うなら、店長が再び募集をかけて、面接をしなければいけないというくらい。

 

他のバイトからしたら、新人を教える必要がないし、手間がひとつ減ったとプラスに考える人もいるでしょう。

 

SNS、日記帳に行きたくない気持ちをぶつける

 

新しいバイトに限らず、バイトに行きたくないときは、私もよくやる方法なのですが、知り合いが見てないようなSNSアカウントや日記帳にバイトに行きたくない気持ちをつらつらと書きなぐります。

 

「バイト行きたくない」「なんで働かなきゃいけないの」「さっさとバイト辞めて、一人で働ける環境をつくる!」などと、思いついたことをひたすら書くと、すっきりして、不思議と「とりあえず行ってみるか」という気持ちになります。

 

終わったあとの楽しみを作る

 

初めてのバイトが終わったら美味しいものでも食べに行こう、帰ったらゲームしようなどなんでもいいので、自分にご褒美をあげるとモチベーションも上がって、やる気を持ってバイトに臨むことができます。

 

お金のことを考える

 

バイトに行きたくなくてもお金は稼がなくてはいけません。

 

バイトに行かないのは簡単だけど、そのあとに迫ってくるのは、今日バイトに行けば稼げたはずのお金のこと。

 

バイトに行かなかったことにより、数千円損をしたと考えるとテンション下がりますよね。

 

実際、バイト初日なんてやること教えてもらうだけで、ほぼ何もせず、怒られることもなく数千円がもらえます。

 

むしろ、バイト初日は「今日は気楽に稼げる」くらいの気持ちで行ったほうがいいです。

 

行ってみて案外楽しかった、合いそうな人がいたなんて思う場合もあると思うので、そうなるとお金も稼げて、新しい居場所もみつけられて一石二鳥です。

 

ポジティブな気持ちで行く

 

バイトに行く前は、不安でいっぱいかもしれませんが、行ってみると案外いいことがあるかもしれません。

 

仕事内容が思っていたよりも楽しいかもしれない、気が合う人がいるかもしれない、イケメン、可愛い子がいるかもしれない、彼氏、彼女ができるかもしれない、仕事が評価されるかもしれない。

 

不安と逆のことを考えると、むしろ楽しい気持ちでバイトにいけるのではないでしょうか。

 

辞める気で行く

 

「もう行く気にならないし、今日だけ行って辞めよう。」という気持ちで行くと、自然と気楽に行くことができます。

 

もう辞めるバイト先に気を遣う必要なんてないですよね。

 

思い切って、バイト前に他のバイトに応募するのもいいかもしれません。

 

そうすると、より決意が固まって怖いものなしになります。

 

上記でも挙げているように、行ってみるといいことがあるかもしれないので、「とりあえず今日だけ行ってみる精神」は効果ありです。

 

「行きたくない」という気持ちになりにくいバイトを探す

 

人と関わらないバイトを選ぶ

 

人間の悩みのほとんどが人間関係といわれているように、自分と関わる人間選びはとても大切なことです。

 

でも、新しいバイト先の人間関係なんてわからないし、行かないことには判断できないですよね。

 

それでしたら、そもそも人と関わらなくていいバイトを選択していきましょう。

 

私が今までやってきた中には、一人勤務の漫画喫茶、ポスティング、日雇い、チャットレディなどがあります。

 

始めのうちは、研修などでお世話になる人もいますが、たとえその人が合わない人でも独り立ちをすれば、そんなに関わることはありません。

 

人間関係が面倒という人は、なるべく人と関わらずにできる仕事を探していきましょう。

kaho-0421.hatenadiary.jp

kaho-0421.hatenadiary.jp

時給がいい仕事を選ぶ

 

時給がいい仕事を選ぶと、バイト初日で使いものにならなくてもみんなと同じように給料がはいってきます。

 

上記で書いたように、今日行かなかったら0だけど、行けば数千円と考えれば、少しはいく気になるのではないでしょうか。

 

自分に合いそうな仕事を選ぶ

 

たかがバイトと思ってテキトーなバイトを選ぶと、のちのち苦労します。

 

居酒屋のバイトに受かったけど、そもそも自分は声が大きいほうでもないし、接客も苦手。

 

しかも、そういうところで働いている人はみんな自分とは違って、元気がいい人たちかもしれない。

 

仕事も合わないし、人も合わないとなると最悪です。

 

職種によってある程度働いている人の性格って決まってくると思うので、自分に合わない仕事を選択すると人まで合わない可能性があります。

 

初日からこんな不安を背負うともちろん行きたくなるので、仕事選びは重要です。

 

自分と合わなそうな人がいない仕事を選ぶ

 

上記でも挙げたように、仕事内容によって集まってくる人はある程度決まっています。

 

元気な人は飲食店などで接客をしているし、おとなしい人は工場などでもくもく作業をしているし、オタクな人は漫画喫茶でバイトをしている。

 

適職診断などで、自分に合った仕事を探すと自然と人間関係的にも合う仕事に恵まれるのではないでしょうか。

 

働く時間を考える

 

朝早く起きるのが苦手、満員電車に乗りたくないという人は、朝からやるような仕事だと行きたくなくなりますよね。

 

自分が快適に仕事ができる時間帯を選んで仕事をすると少しはいく気になるのではないでしょうか。

 

ちなみに、夜勤だと少数精鋭で人との関わりも少ないですし、仕事も暇なところがほとんどなので、おすすめです。

 

家から近い

 

通勤のことを考えると行きたくないという人もいると思います。

 

電車に乗ってまでバイトに行くのって正直ちょっとしんどいですよね。

 

そのような人は、家から徒歩で通えるような場所を選びましょう。

 

通勤的な楽さもありますが、馴染みのある土地で仕事ができるという精神的な楽さもあるので、緊張も緩和されます。

 

新しいバイトに行きたくなかったら行かなくてもいいけど、行ってみるのもおすすめ

 

行きたくない人は、行かなければいいし、少しでも希望を見出したいならとりあえず行ってみるのもあり。

 

バイトなんていくらでもあるし、また応募すればいいだけの話。

 

毎回毎回行きたくなくなるというわけでなければいいのではないでしょうか。

 

私は、連絡を入れたり、バイト先から電話がかかってくる精神的負担の方が大きいので、とりあえず行ってみる、それから決めるというやり方をしています。

 

意外とやれそうだなと思うことが多いし、なんかダメそうと思うところは、続けてみても案の定ダメだし、始めの直感が的中することは多いので、「とりあえず一回行ってから決める」はおすすめです。

 

kaho-0421.hatenadiary.jp