kahoのブログ

私のこれまでを凝縮したブログ。楽バイト、チャットレディ、恋愛 、ぼっちに関する情報を主に書いています。

退職代行業者を通して退職しました。利用手順や金額について。

こんにちは、kahoです。

 

なかなかお仕事が続かない私ですが、もちろん、毎回辞める度にバイト先や会社に言いづらい、気まずいという思いをします。

 

それでも頑張って毎回、自分で退職の意思を伝えるのですが、1度だけ退職代行業者に頼ったことがあります。

 

ドラックストアのアルバイトだったのですが、とにかく職場の人と合わない、即日で辞めたい、今まで働いた職場の中でも特に合わない職場だったので、最後の手段として退職代行サービスに頼ることにしました。

 

今回は、実際に退職代行サービスを利用してみての手順や金額を書いていきたいと思います。

 

退職代行業者を通して退職しました。利用手順や金額について。

f:id:kana_0404:20190220231358j:plain



個人情報を聞かれる、設定を練る

金額見積、入金

実行

報告

 

というような流れでした。

 

個人情報を聞かれ、設定を練る

 

とにかく、事細かに個人情報を聞かれ、入念な人物設定がなされました。

 

私の場合、退職代行業者が私の父親になりすまして、退職代行を行うというものだったので、父親に関することを細かく聞かれました。

 

・父親の名前

・職業

・生年月日

・住所

・出身地

 

何を聞かれても(聞かれることはないと思いますが・・・)いいように、一見どうでもよさそうなことも聞かれました。

 

私に関することも同じです。

 

退職理由としては胃腸炎ということだったので、ストレスによる胃腸炎で働くことができないという設定で、伝えてもらいました。

 

私と退職代行業者の間でずれが生じないように何度も口裏合わせをしました。

 

金額見積、入金

 

実行の準備ができたら見積をして入金です。

 

見積の結果、3万円でした。

 

何をもって3万なのか、明細がないのでよくわかりませんが、それなりのリスクがともなうので、この価格なんでしょう。

 

伝えてもらうだけなのに、自分で伝えればタダなのに・・・そう考えるともったいないし、ちょっと後悔しましたが、当時はここまでしてでも辞めたかったし、自分で言えませんでした。

 

クレジットは使えないということだったので、一括で銀行振込です。

 

実行

 

入金確認ができたら実行です。

 

『何日の何時ごろに伝えます。』というのもきっちり報告してくださりました。

 

その時間になると自分で伝えるわけではないのにどきどきです。

 

その日のその時間帯は、通常なら出勤の時間だったのですが、私は自宅待機。

 

しばらくするとバイト先から電話がかかってきましたが、スルー。

 

そして、もうしばらくすると店長から『退職の旨、お父様から聞きました。お身体お大事にしてください。』というようなメッセージが来ました。

 

これでバイト先からは解放です。

 

報告

 

しばらくすると、退職代行業者から「無事に退職することができました。特にバレることも怪しまれることもなかったので大丈夫だと思います。」と連絡がありました。

 

これで、退職代行業者との関わりも終わりです。

 

退職代行業者と関わったのは3日間ほどでした。

 

こんな感じで、自分は職場と関わることなく、バレることなくバイトを辞めることができました。

 

退職代行業者を利用するメリットとデメリット

 

退職代行業者を利用するにあたってのメリット、デメリットとしては以下のことが挙げられます。

 

メリット

 

・職場の人と顔を合わせずに退職できる

・即日で退職ができる

・退職代行のプロがやってくれるので安心

 

デメリット

 

・料金が高い

・印象が悪い

・罪悪感がすごい

・もしかしたらバレる、怪しまれるかもしれない

 

とにかく辞められればOKなので、職場の人と顔を合わせずに、気まずい思いをせずに会社やバイト先を辞めたい人にとってはありがたいサービスです。

 

しかし、たかが会社、バイト先を辞めるのに数万もかかっていてはかなりもったいない気がするし、何より罪悪感がすごかったです。

 

勝手に父親を利用した点やそもそもこんな人間になってしまったことに対して・・・

 

でも、私みたいにただ気まずいというだけでなく、パワハラや鬱など深刻な問題を抱えている方は、恥じらうことなく利用するべきだと思います。

 

会社側もそんなに暇ではないと思うので、仮に怪しまれたとしてもわざわざ深追いしないでしょうしね。